環境事業

株式会社 エルライン

045-508-1070

〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央3-2-3-202

営業時間 9:00~18:00

環境事業

環境事業

環境事業部とは

解体工事は、大変重要な役割を持っています。
次の創造を生み出すために、必ず必要となってくる行程だからです。
そして、その解体工事を担う当社にも、社会的に重要なミッションがあると考えています。

アスベスト対策、近隣の住民の方への騒音配慮など、周辺地域にもしっかりと気を配った工事を行います。
さらに、環境のことを考え、太陽光発電などのエコ事業についても、会社全体で取り組んでいます。

株式会社エルラインは、地域と環境に向き合い未来を目指す、解体工事会社です。

解体工事について

エルラインでは、建築物の解体工事を行っております。見積もりも無料なので、是非お気軽にお問い合わせください。

こんな方はまずご相談ください。

☑誰にも内緒で売りたい。
☑全て売却して、倉庫を片付けたい。
☑高価に買取してほしい。
☑新品足場資材購入に当たり、中古足場材を下取りして欲しい。

解体工事の流れ

STEP1.お見積り依頼

img_kankyo01

建物の数量、構造や周囲の状況、解体の対象範囲、道路幅等を調査し、 解体工法を決めて御見積書を作成します。

STEP2.解体工事契約

img_kankyo02

見積内容など同意の上でご契約し、契約書の交換を行います。

STEP3.建設リサイクル法届出代行

img_kankyo03

床面積が80㎡を超える建物はリサイクル法により届出が義務づけられています。又、特定建設作業実施届など必要があればの手続きを同時に行います。

STEP4.近隣挨拶

img_kankyo04

工事開始3日~5日前に作業手順を含め、近隣挨拶をいたします。この頃に、電気、ガス、電話、CATV、などの配線、配管を撤去依頼します。

STEP5.工事着工

img_kankyo05

着工前に家電製品や布団などかさ張るゴミはコストを抑えるためにも出来るだけ減らしてください。残存ゴミの確認後分別解体による工事着工に入ります。

STEP6.産業廃棄物の搬出

img_kankyo06

分別解体による分別処理 再生リサイクル、各処理施設へ搬出します。 (収集運搬業者はマニフェストを持参し処理施設へ搬入する義務があります。)

STEP7.工事完了・立会い確認

img_kankyo07

場内整地をして解体工事完了となります。
お客様と現地で立会いをし、最終確認をいたします。

内装解体について

内装解体とは、店舗や事務所、マンションの一室等、内装部分を撤去・解体して、原状回復させる・元通りに戻す事を言います。物件や事案によって、どこまで内装解体をするかは違います。例えば壁ならコンクリートむき出し状態にまで戻す必要があるか、ボードまでか等、賃貸管理会社・ビルオーナーとの契約次第になります。基本的に、お客様が借りた最初の状態に戻す必要があると考えば良いですが、管理会社・オーナーとしっかり打ち合わせしておく必要があります。

現場でお見積によって不要なコストをカット

img_kankyo08

エルラインは現場に出向いて解体料金をお見積致します。
図面からお見積は概算しか出せませんし、実際に現場に行く事で廃材の量や、撤去する部分、搬出経路、既存設備との絡みも確認出来、より正確で無駄のないお見積が出せます。
安く解体工事をする為にも、お客様立ち会いの元で現場確認を致します。

安く解体工事を行なう為に

img_kankyo09

例えば、木片、鉄くず、ボード、アルミ、それらが混在している場合などで廃棄処分費は変わります。すべて一律料金で見積もれば、どうしても高くなってしまいます。エルラインではそれらを適切に積算しますので、お安くできます。

下請けに丸投げをしない、自社施工

img_kankyo10

内装解体工事を請け負って、工事を下請け会社に丸投げする業者もあります。
中間業者が入るのでその分、余計なコストが確実に発生します。
エルライン、自社請負、自社施工です。
余計な中間マージンは発生しませんし、打ち合わせ・内装解体工事も自社内で完結するのでスムーズに工事を行なう事が出来ています。

納期を守ります

img_kankyo11

決められた納期には内装解体工事を完了させます。
お客様は物件の返却日の都合もあるので、納期遅れで延滞賃料が発生する場合もある事を理解しております。それだけに、最初に納期確認と、不足の事態がないように、工事可能時間や廃棄物搬出、既存設備との絡みが無いか、エルラインで確認致します

トラブル防止

img_kankyo12

● 契約内容、工事内容のしっかりしたご説明
● 隣接住民、隣接店舗への配慮、気配り
● 傷つけてはならない既存設備の確認
● 家主、ビルオーナー、管理会社からの指示等
これらをしっかりと確認し、トラブルの無いように内装解体工事を致します。
トラブルを未然に防ぐ事は、内装解体業者の義務でもあると考えます。
エルラインでは多数の現場経験から、お客様にご提言・ご確認しながら工事を進めます。

アスベスト対策

私たちの生活に大きく貢献してきたアスベスト(石綿)に、発ガン性物質が含まれていたことは大変不幸なことでした。しかし、人体に有害であることが判明した以上、そのツケを後世に回すことは許されません。
建築物や建材製品等には相当量のアスベストが含有されているものがあり、これらを一挙に取り除くことは不可能で、処理にはかなりの時間を要するものと思われます。
アスベストの除去または封じ込め工事につきましては、工事作業場周辺の居住者の皆さまに対する環境安全を第一義に、アスベスト粉塵の飛散を完全に防止する ことを絶対条件として考え、実行しています。
「一度大気中に飛散したアスベストは、二度と人間の手でとらえることはできない」ことを深く認識し、十分な管理体制と完全なる処分方法により、安全の上にも安全を期して対処しています。

img_kankyo13
img_kankyo14

りんごの『わい化栽培』

エルラインではりんごの「わい化栽培」に取り組んでおります。
わい化(コンパクト化)するので、 面積あたりに多くの木を植えることができるというのがあげられます。
苗木を植え付けてから果実がなるまでの年数も普通栽培に比べて1~2年早く、 一般的に面積当たりの収穫量も普通栽培より多いというのが特長です。

img_kankyo15
img_kankyo16

太陽光発電事業部

img_kankyo17

持続可能な再生可能エネルギーの供給で、豊かな自然と暮らしを次の世代へ。

エルラインではエコ問題に真剣に取り組み、
ソーラー発電に取り組んでおります。

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ

[ 営業時間 ] 9:00~18:00 [ 定休日 ] 日祝日

TOP